社会人でも4日間でロサンゼルス旅行が楽しめた!

LAトリップ




こんにちは!のぼ(@mackiinn)です。

 

ノボ
はぁ、海外旅行に行きたい…

 

みなさんも社会人たる生活していると、海外旅行に行きたくなることあるんじゃないでしょうか。

 

かく言う僕も一人で行ってしまうくらいに海外旅行が大好き。

でも「社会人になると長いお休みなんて滅多に取れないし、海外旅行なんて行けないんだ!」と嘆いていました。

けれど社会人になって10ヶ月が経った頃、海外旅行に行きたい深〜い欲に呑み込まれることに。ぐぬぬ…。

 

そこで僕は考えました。

待てよ、4日間でも休みが取れれば海外旅行はできるんじゃないか。

それも、アジアやリゾート地といった近場じゃなくても。これぞ天才の発想。

 

ノボ
海外がワイを呼んでいる!

 

こうなってしまったら最後。諦めて海外旅行に行こう。

この記事はそんな衝動的な始まり方をしたロサンゼルス旅行記になります。4日間で遠くの国に旅行したい社会人の方は読んでみるといいかも。

スポンサードサーチ

なぜ行き先がロサンゼルス?

なぜロサンゼルスに行くことになったか。そこに深い理由はありません。

でも4日間の休日でもアメリカ旅行を楽しめるのか気になったのが大きな理由でした。なかなか4日あったらアメリカに行こうって人いませんよね。

目的地はサンタモニカビーチとベニスビーチ!1年前にも訪れたのだけど、雰囲気が大好きだったからまたここに行きたいと思ってました。

サンタモニカビーチ

 4日間の休日でロサンゼルスに行くまで

こうしてロサンゼルスに行こうと意気込んてからは早かった。思い立った2週間後にはロサンゼルスにいました。

まずは思い立ってからロサンゼルスに行くまでの軌跡をみていきましょう。

1.休日の確保

社会人なら誰しも乗り越えなければならない壁ですね…。僕は3連休に1日有給をくっつけて4連休にしました。

ちなみに最初は3連休で行こうと考えてました。

 

<当初のプラン>

【0日目】

金曜日の仕事終わりに空港に行って

深夜便でビューン

【1・2日目】

ロサンゼルス

【3日目】

帰国

 

けどこれムリがありました(プラン的にも、体力的にも)。

 

ノボ
仕事帰りに乗れるフライトなんてほとんどないね。有給を取ろう。

 

土・日・祝日の3連休に有給を1日くっつけよう。こうしてロサンゼルスには4連休で行くことに決めました。

で、実際のプランがこちら。

 

<実際のプラン>

【1日目】

羽田空港を19:00発

【2・3日目】

ロサンゼルス

【4日目】

16:00に羽田空港着

2.ツアーを検索

「ロサンゼルス 4日間」で検索。すると格安ツアーがヒット。

 

往復航空券 + 現地のホテル

¥90,470

 

ノボ
えっ、こんなお手軽料金で行けるの。

 

2泊するホテルと往復の航空券合わせて9万円(燃油サーチャージ・空港税も込み)。

貯金を切り崩せばいけるではないか!

3.いざ出発

「ロサンゼルスに行こう!」と思い立ってから出発までは2週間ほどでした。

今回のLAトリップの学びは海外旅行って少なくとも1ヶ月前から計画するものだと思っていたけれど、そんな必要ないってことでした。

思い立ってから2週間後にはロサンゼルスに

なんて言うかもっと、気軽なものでオッケーなんですね。これからは「そうだ、京都行こう」くらいのノリで海外旅行をして生きていきたいと思った次第です。

スポンサードサーチ

ロサンゼルス4日間の旅行の良かった点・悪かった点

ここからはロサンゼルス4日間の旅行の良かった点、悪かった点を振り返ります。

良かった点①:ホテルも飛行機もコスパが最高だった

9万円という格安価格で往復の航空券とホテル(2泊分)となると、正直どちらもクオリティが不安でした。特にホテルは覚悟していました。

ところが、飛行機もホテルもコスパ最高だったんです。

 

ボーノ
これで9万円でいいのっ!?

 

【飛行機について】

往復どちらの便もアメリカン航空。言わずと知れた大手航空会社ですね。

機内食あり、映画も充実。ちなみに映画は全部で100本はあったような。それも公開されたばかりの映画までもズラリ。

個人的に大好きなキングスマン

ロサンゼルスまでの10時間に及ぶフライトって本来は退屈で仕方ないんですけど、映画が充実していたのでいつの間にかに到着してました。

 

【ホテルについて】

そしてホテルも思っていたよりも断然キレイでした。「ホテルは覚悟していた」とか言ってごめんなさい。

宿泊したのは「ザ ヒストリック メイフェア ホテル」という茶色と白のツートンカラーのホテル。

ザ ヒストリック メイフェア ホテル

部屋の中はこんなかんじでした。

モノトーンの落ち着いた色調に、壁掛けのテレビ。泊まるには十分すぎるホテル。

防音が不十分だったのが残念なポイントでしたけど、ホテルも総じて大満足!めっちゃええプランやないですの。

良かった点②:Uberが便利すぎた

みなさんご存知のUber(ウーバー)。タクシー業界の強い反対や法規制によって日本では浸透されていないのが現状ですね。

僕はこのロサンゼルス旅行でUberを初めて体験したんですが、Uberって本当に便利なんですね。

 

【Uberのいいところ】

  • タクシーの半額ほどの料金
  • 呼んだらその場に3分以内で来る
  • クレジットカード決済だからその場で支払う必要がない

 

Uberで移動時間は大幅に短縮できました。便利すぎてすっかりUberのファンになっちゃいました。もっと日本にも浸透してほしいなあ。

良かった点③:滞在時間40時間でも満喫できた

東京からロサンゼルスはフライト時間だけで片道10時間。移動時間だけでかなり取られるのでロサンゼルスに滞在できたのは40時間ほどでした。

でも、40時間の滞在時間でもとっても満足!

365日中300日晴れると言われるロサンゼルスなのに曇り模様だったのはちょっと残念でしたけどね。

サンタモニカ・ピア

サードストリート・プロムナード

ベニスビーチ

目的地だったサンタモニカビーチとベニスビーチの雰囲気を堪能できて感無量。やっぱり来てよかった!

悪かった点①:時差ボケ

さて総じて大満足だった4日間のロサンゼルス弾丸トリップですが、唯一悪かった点が一つ。

それが時差ボケ。日本とロサンゼルスには17時間の時差があります。

ロサンゼルスが深夜0時のとき、日本は17時。「あ〜長時間のフライト疲れたしぐっすり寝れそう…」って眠りに就いても2、3時間で目が覚めてしまう。

まるで長い昼寝をした後のような感覚。時計の針は深夜2時を指しているのに眠気はさっぱり消えてました。

 

ノボ
目が冴えて寝れねえ…

 

けっこう地獄でした。時差ボケ問題に関してはもう若さで乗り切るしかないですねぇ…。

終わりに

たったの4日間でロサンゼルス旅行に行ってきました。僕は10回以上海外に行ったことがありますが、ここまでの弾丸旅行は初めてでした。

けど、すんごい楽しかったです。ロサンゼルス以外でもまた弾丸旅行しよう思います。

4日間の海外旅行はこんな人にオススメ!

  • 海外旅行に何度か行っており、そこそこ慣れている。
  • 1度訪れた地で、もう1回行きたい場所がある。もしくは当時に行き逃してしまって悔やんでいる場所がある。
  • 「ここにさえ行ければ大満足!」という場所がある。

 

この中の一つにでも当てはまれば弾丸海外旅行オススメです!

 

以上、社会人でも気軽に海外旅行しちゃいましょう。って話でした!では!

インスタやってます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京プレイブックさん(@tokyoplaybook)がシェアした投稿

最後にド宣伝すみませんm(_ _)m

こんなかんじで心からおすすめできる東京おでかけスポットを発信してます(@tokyoplaybook)。フォローしていただくとハッピーな気分になります(僕が)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です