【THE ALDGATE】渋谷でロンドン気分!本格ブリティッシュパブが穴場すぎた

渋谷でロンドン気分!本格ブリティッシュパブがリピート必須だった【THE ALDGATE】




突然ですが、お気に入りのブリティッシュパブはありますか?

 

今の僕は「THE ALDGATE(ジ・オールゲイト)かな」とドヤ顔で答えますが、ココに来てみるまでは答えられませんでした。お恥ずかしい話、ブリティッシュパブなんてHUBくらいしか知らなかったです。

 

しかしある日、ロンドン好きと豪語しているのに、東京のブリティッシュパブの一つも知らないなんて恥ずかしくなってきました。

 

そこで渋谷に「THE ALDGATE(ジ・オールゲイト)」というイケてるパブがあるという情報をキャッチし、行ってみたのですが

 

それはもう、最高でした。

 

本当は教えたくないです。混んでほしくないので、、。だけど、一度行ったロンドンに恋してしまった、もしくはロンドンに憧れている同士にとっては楽しい体験になるはず。そう思い、筆をとりました。

 

さて、前置きが長くなりましたが、この記事では渋谷にあるブリティッシュパブ「THE ALDGATE(ジ・オールゲイト)」を紹介していきます。

 

都内のブリティッシュパブを探している方や、THE ALDGATEが気になっている方にとって少しでも参考になればうれしいです。

スポンサードサーチ

THE ALDGATE(ジ・オールゲイト)とは?

THE ALDGATE(ジ・オールゲイト)とは?

THE ALDGATEは渋谷にある、かなり本格的なブリティッシュパブ。ブリティッシュパブってのは、ざっくり言うと「イギリス流の酒飲み場」ですね。

アクセス

THE ALDGATE

  • 住所:東京都渋谷区宇田川町30-4 新岩崎ビル 3F
  • アクセス:JR渋谷駅から徒歩5分ほど。

【体験談】THE ALDGATEがリピート必須のブリティッシュパブだった

【体験談】THE ALDGATEがリピート必須のブリティッシュパブだった

ただでさえ人混みのすごい渋谷ですが、訪れたのは特に人通りの多い金曜日の夜THE ALDGATEは渋谷センター街を抜けた先にあるので、人ごみをかき分けつつ進んでいきます。

THE ALDGATEは雑居ビルの3Fにある

人混みが落ち着いてきたあたりに雑居ビルがあり、ガタガタ揺れる心もとないエレベータに乗って3Fへ。

THE ALDGATEの入り口

こちらが入り口です。英語で看板が書かれていて、ここだけ見ると本当にロンドンに来ているような気分に・・・

 

高まる気持ちを抑えて、ひとまず店内へ入りましょう。

ロンドンに迷い込んだような雰囲気

ロンドンに迷い込んだような雰囲気

こちらが店内の様子。画像からは伝わっていないかもですが、渋谷での金曜日だというのに、落ち着いています。

 

ちなみに、体感ですがお客さんの5〜6割は外国人の方でした。

そしてこちら、THE ALDGATEの中でもひときわ目を惹くゾーン。これらは「タップ」というらしいのですが、ここからビールを注いでくれます。全部で21種類もあるんだとか。

 

いやしかし、お店に入って10秒で確信しちゃいました。すばらしい穴場スポットを見つけてしまったのでは・・・

カウンターでビールを頼んで、乾杯

ひとまず、ビールが欲しいのでメニューを見てみることに。

THE ALDGATEの中でもひときわ目を惹くゾーン

全て英語だ・・・オワッタ

 

店員さんは笑顔で圧をかけてくるし(気のせい)、おいしいビール予習しておけば良かった、、と後悔しかけたものの、「ALDGATE ALE」の文字が見え、なんとか難を逃れました。

 

のぼ
(ひとまずお店の名前がついたビールを頼んでおこう・・・。)オールゲイト・”アレ”を一つ。

 

店員さん
オールゲイト・”エール”ですね〜!

THE ALDGATEのフード&ドリンク

ALDGATE ALE¥950

ALDGATE ALE(¥950)

画像ブレブレですみませんm(_ _)m

こちらがALDGATE ALEです。フルーティーな味わいでした。

 

クラフトビールみたいなかんじで飲みやすいです。雰囲気も重なって、グビグビ飲みました。

フィッシュ&チップス

フィッシュ&チップス

値段メモっておくの忘れてしまいました。たしか¥1,000ほどです。

こちらのフィッシュ&チップスの「そこまで食欲をそそらない」感もホンモノさながらです。

 

実際食べてみると、思っているよりも全然ウマい。衣はサクッと、身はやわらかく、ペロリといけます。

カマンベールチーズ(¥550

カマンベールチーズ(¥550)

ちょっと小腹が減ったときは、おつまみを。カマンベールチーズはシンプルにうまいし、ビールにもよく合います。

イギリス料理がたくさんある

 

View this post on Instagram

 

THE ALDGATE British Pubさん(@thealdgate)がシェアした投稿

※THE ALDGATEの公式Instagramです。

 

THE ALDGATEのメニューには、イギリス料理もたくさんありました。

 

僕は頼みませんでしたので食レポはできませんが、興味があればお試しください。

お酒がなくなったら、またカウンターへ

食べたいと思ったものがあったら、カウンターで頼む。店員さんとのお話を楽しみつつ、おすすめのビールを聞いてみる。

 

このテーブルとカウンターの往復がとっても楽しいです。

 

(お客さんだけでなく)店員さんも外国の方がほとんどだし、一杯ずつ精算するシステムもちょっと非日常で、いわゆる異国情緒ってやつがシビれるほどに味わえます。

 

ちなみにこの日、接客してくれた店員さんはドイツ人女性の留学生。オーダーを忘れちゃうようなおちゃめさがあって、そのユルさも含めてTHE ALDGATEには本当にイイ雰囲気が立ちこめています。

スポンサードサーチ

まとめ:THE ALDGATEでロンドン気分を味わいに行こう

まとめ:THE ALDGATEでロンドン気分を味わいに行こう

ロンドン好きには本当にたまらないブリティッシュパブ、THE ALDGATEを紹介しました。

 

ここで飲むビールは特別で、ついつい楽しくなって3杯ほどガブ飲みしてしまう始末・・・。

 

それにしても、イイ店見つけました。

 

みなさんも、よく分からない英語のビール飲んでみてください(たまに炭酸ナシのビールがあって、苦しみます)。楽しい経験になるはずです。

 

ロンドン気分、渋谷のブリティッシュパブで味わえます。ぜひ、足を運んでみてくださいね。

 

では!

 

食べログ:THE ALDGATE(ジ・オールゲイト)