大山「鏑屋」は何度でもフラリと立ち寄りたくなる赤提灯居酒屋です

大山にある居酒屋鏑屋ののれん




大山にある鏑屋(かぶらや)が気になっている。リアルな口コミを聞いてから行くかどうか判断したいなぁ。

 

こんな要望に答えます。

 

はじめまして。大山に住んで6年になる、のぼと言います。

 

当記事の内容

  • 大山の居酒屋「鏑屋」とは
  • 鏑矢の個人的な感想

 

大山に住んで6年になる僕ですが、おそらく大山にある居酒屋の中で1番行ってるのがココ、鏑屋(かぶらや)です。

 

のぼ
かれこれ10回以上行ってます

 

この記事では、鏑矢のおいしい料理や、店内の雰囲気をお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサードサーチ

大山にある人気居酒屋「鏑屋」

鏑屋の煮込みを上から撮った

大山にはおいしい居酒屋がいくつもあるのですが、その中でもおそらく鏑屋はTOP3に入るほど人気がある居酒屋です。

 

食べログで詳しくみる

鏑屋【食べログ】

アクセス:大山駅から徒歩3分

なお、鏑屋へのアクセスは東武東上線「大山駅」から徒歩3です。

 

大山駅は池袋から東武東上線で5分ほど。

鏑屋の個人的な感想

鏑屋ののれん

そんな鏑屋の感想は以下のとおりです。

 

鏑屋の感想

  1. 料理・お酒どれもおいしい
  2. これぞ赤提灯居酒屋なフンイキ
  3. 事前に予約しておくがスマート

感想①:料理・お酒どれもおいしい

 

鏑屋のメニューは控えめに言ってもどれも美味しいです。何を頼んでもおいしいので、直感的に食べたいものをオーダーすればOKです。

 

値段は「格安!」というほどではないですが、べらぼうに高いものもありません。料理のおいしさを考えるとコスパは良いです。

 

それでは、いくつかメニューを見ていきましょう。

煮込み ¥400

鏑屋の煮込み

こちらは鏑矢の看板メニューである「煮込み」(¥400)です。

 

もつ煮、豆腐、ねぎ。いたってシンプルな煮込みですが、これがもうバツグンにうまい。これに生ビールがあれば、生きててよかったって思います。

 

のぼ
こちらの煮込みは持ち帰りもできるそうです。

コーンのかき揚げ ¥460

鏑屋のコーンのかき揚げ

毎回ついつい頼んでしまうのが「コーンのかき揚げ」(¥460)です。

 

箸でポロポロ崩して、ケチャップにつけて、パクリ。サクサクな食感とコーンの甘みがクセになります。

馬刺し ¥600

鏑屋の馬刺し

こちらも僕の中では定番のメニュー、馬刺し(¥600)。

 

薬味は「ニンニクor生姜」から選べます。ニンニクだと翌日にニオイを持ち越しちゃうので、生姜を選ぶことが多いですが、さっぱりおいしく食べれます。

 

のぼ
醤油にヒタッとつけて、ペロリといきましょう。

しらすおろし

鏑屋のしらすおろし

※値段は忘れてしまいましたm(_ _)m

こちらもおすすめ。しらすおろし。

 

おろしきっていない、荒削りな大根がザクザクっとしていて食感も楽しめます。日本酒と相性が良さそう。

もつ焼き(レバー) ¥300

鏑屋のレバー塩

レバー(¥300)もまた格別です。

 

レバー特有の臭みがほとんどなく、プリップリな食感で、ひと口噛んだ瞬間に「これはおいしいレバーだ」と悟ります。レモンサワーがすすむ。

もつ焼き(鳥皮) ¥300

鏑屋のクエン酸サワーととり皮

こちらは鳥皮(¥300)。一緒に映っているのはおそらく「クエン酸サワー」ですね。

 

たしか「お疲れさんにはクエン酸」みたいなポスターが貼ってありまして、なんとなく頼みましたが、程よい酸味が焼きとん・焼き鳥にマッチするのでお試しあれ。

イカ刺し ¥460

鏑屋のいか刺し

イカ刺し(¥460)です。写真からも伝わってくるほどの新鮮さですね。プリプリでウマイです。

梅水晶

鏑屋の日本酒と梅水晶

※値段は忘れてしまいましたm(_ _)m

写真はちょっと分かりづらいですが、梅水晶です。新鮮なキュウリと梅、サメ軟骨がウマすぎます。

結論:どの料理もウマいです

「うまい、おいしい」しか言ってませんでした。すみません。

 

ただ、どれを頼んでも、リーズナブルな価格でおいしいです。

 

のぼ
書いていて鏑屋に行きたくなってきました・・・

感想②:これぞ赤提灯居酒屋なフンイキ

鏑屋の赤提灯のある入り口

鏑屋の昭和レトロなフンイキが、平成生まれの僕にとっても、なぜか落ち着くものです。

 

話し声でガヤガヤした店内、フランクな口調のおばちゃん店員。

 

「これぞ赤提灯居酒屋!」と言わんばかりのフンイキもまた、鏑屋のいいところです。

 

のぼ
今宵は肩ひじ張ることなく、ワイワイ楽しく飲みましょう

感想③:事前に予約しておくがスマート

スマホで予約している女性の手元

さて、料理のおいしさやお店の雰囲気は伝わったかと思うのですが、ここで1つアドバイス。

 

鏑屋に行くなら事前に予約しておくがスマートです。

 

というのも、人気のある鏑屋にはなかなかスムーズに入れないんです。予約なしでお店に行っても高確率で「電話番号教えてくださいな~」です。

 

空き次第、順番に電話してくれるというこれまた昭和っぽいシステムなんですが、「だいたい20分後くらいかな~」と言われたところで、時間の潰し方に困ります。

 

一杯飲むにもせかせかしちゃいますし、電話を今か今かと待つのもちょっとばかりダルいです。

 

なので、鏑屋に行くなら事前に予約しておきましょう。食べログからネット予約できるので、電車に揺れてる間にポチポチしておいたほうがスマートですね。

 

こちらから飛べます

鏑屋【食べログ】

スポンサードサーチ

まとめ:何度でもフラリと立ち寄りたくなる居酒屋、それが鏑屋

鏑屋の入り口付近の様子

さいごに、本記事の内容をまとめます。

 

鏑屋の感想

  1. 料理・お酒どれもおいしい
  2. これぞ赤提灯居酒屋なフンイキ
  3. 事前に予約しておくがベター

 

控えめに言って、鏑屋はサイコーな居酒屋です。ぜひ、楽しい夜を過ごしてみてください。

 

では!

インスタやってます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京プレイブックさん(@tokyoplaybook)がシェアした投稿

最後にド宣伝すみませんm(_ _)m

こんなかんじで心からおすすめできる東京おでかけスポットを発信してます(@tokyoplaybook)。フォローしていただくとハッピーな気分になります(僕が)。