夏休み暇な大学生がやってみるべき8つのこと【短期的な暇つぶしは意味ナシ】

夏休み暇な大学生がやってみるべき8つのこと【短期的な暇つぶしは意味ナシ】




のぼ
大学生が夏休みにやるべき8つのことをまとめました!

こんにちは。のぼです。

大学生の夏休みって2ヶ月くらいあって、ぶっちゃけ暇ですよね。

 

僕は大学を卒業してもう2年ほど経つのですが、今でも大学1年生のときスケジュール帳が真っ白だったのを覚えています、、笑

 

それくらい暇になりがちな夏休みですが、せっかくだし何か身になることがしたいものですよね。

 

そこでこの記事では、夏休みの暇から脱却するためにやってみるべき8つのことをまとめました。ちょっとでも参考になればうれしいです!

スポンサードサーチ

短期的な暇つぶしにはあまり意味がない

短期的な暇つぶしにはあまり意味がない

ちょっと前置きせていただくと、短期的な暇つぶしはあまり意味ありません。暇じゃなくなるのはその日、その時だけです。

短期的な暇つぶしとは?

例えば、サークル仲間と飲みに行くとか、ドライブに行くとかです。つまり、その日だけで完結してしまうイベントですね。

もちろんいい思い出になりますし、そういった予定は入れるべきだと思います。

でも、翌日になると「ヒマだな・・・」に戻ってしまいますよね。

長期的に取り組めることを見つけるべき

せっかく2ヶ月という固まった時間があるので、長期的に取り組めることを見つけて暇から脱却すべきです。

 

のぼ
以下、長期的に取り組めることをまとめましたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

夏休み暇な大学生がやってみるべき8つのこと

僕が提案するのは以下の8つです。

暇な大学生が夏休みにやってみるべきこと

  1. 免許合宿
  2. 海外留学
  3. 恋人を作る
  4. 勉強する
  5. 新しいバイトを始める
  6. 旅行
  7. 趣味を見つける
  8. 帰省する

一つずつ詳しくみていきましょう。僕の体験も交えてお話ししていきますね。

1. 免許合宿

免許合宿で運転している女性

車の運転免許は大学生のうちに取っておくべきです。

免許を取っておくべき理由

  1. 社会人になると時間がない
  2. 遠くにまで遊びに行ける

個人的には②「遠くにまで遊びに行ける」ってのが大きいと思います。

 

「運転できる人に任せればいいじゃん」と思うかもですが、彼女と遠出するときにドライブできた方がいいですよね。デートの口実にもなりますし。

 

なお、自動車学校に通うよりも、免許合宿で短期集中で取るほうがいいかなと思います。僕も免許合宿で取りましたが、楽しかったですよ。

とは言え、固まったお金が必要です。どのくらい必要なのかは免許合宿サイトを参考にしてみましょう。

2. 海外留学

カナダの黄色いスクールバス

英語や海外旅行が好きであれば、1ヶ月ほど海外留学に行くのもおすすめです。

 

僕は大学2年生の夏休みにカナダに3週間ほど海外留学しましたが、一生の思い出になるくらい楽しかったです。

とは言え、英語の勉強になるかは本人次第かなと思います(僕は日本人とばかり話してたので長期旅行みたいになっちゃいました・・・)。

 

しかし社会人になってから1ヶ月近く海外に滞在できることって滅多にないと思うので、経験しておいてよかったなと思います。

のぼ
興味があれば、大学のプログラムをチェックしてみるところから始めてみましょう!

3. 恋人を作る

恋人と手をつないでいる

「大学生が恋愛しないでどうするんだ」とは、大学時代にどこかのオジさんに言われた言葉。

「そんなこと言われても出会いがないしな・・・」なんてイラっとしたのを覚えています・・・。

 

しかし、出会いの数は自分で増やすものでした。曲がり角でキレイな女性とぶつかる可能性は皆無ですよね。

 

出会い方には合コン、相席屋、ナンパなどありますが圧倒的におすすめなのはマッチングアプリです。

男性は月額¥3,000ほどかかっちゃいますが、合コンや相席屋なんかに比べればかなりコスパいいですよ(まずはお試しで1ヶ月だけ使ってみましょう)。

 

※マッチングアプリはいくつかありますが、1番有名なPairs(ペアーズ)OKかなと。どんな異性がいるのかチラッとのぞくだけなら無料ですよ。

4. 勉強する

パソコンとノートで勉強している様子

「大学生活、楽しいけど得るものが少ないなぁ・・・」なんて感じてないでしょうか?

もしそうであれば、何か興味のある分野の勉強をしてみるのがいいと思います。

 

TOEICや簿記といった資格でもいいですし、最近だとプログラミングの勉強もいいと思います。

 

余談ですが、僕は「WebCamp」というプログラミングスクールで1ヶ月間だけ勉強をしたことがあります。

そこでプログラミングは向いてないなと挫折しましたが、その気づきも収穫でした。それに、このブログを運営する上で少しばかり役に立っています。

 

勉強しておいて無駄なことなんてありません。興味がある勉強に挑戦してみてはいかがでしょうか。

5. 新しいバイトを始める

ビアガーデンでウェイトレスになった女性

今のバイト、なんとなくで続けているなら夏休みを機にスパッとやめた方がいいかもしれません。

 

僕は飲食店でバイトしていたことがあるのですが、控えめに言ってとてもつまらなかったです。しかし当時の僕は「辞める=腰抜け」みたいに思っており、ズルズルと続けていました。

 

のぼ
当時の自分に言いたい。「逃げるは恥だが役に立つ。」と!

 

興味があって楽しそうなバイト先に飛び込むが吉です。

 

夏休みなら、泊り込みのリゾートバイトでがっつり稼げますね。1回でもいいからリゾートバイトはやっておけばよかったと思ってます・・・。※興味があればリゾートバイトのサイトで探してみましょう。

6. 旅行

海外の空港の発着ロビー

ベタですが、1週間くらい旅行に行ってみるのはどうでしょうか。はじめての一人旅に挑戦もアリですね。

 

もちろん国内旅行もいいですが、せっかくなので海外旅行がおすすめ。

ちなみに、お盆の時期を避ければお手頃な価格で行けますよ。東南アジアや南国などの近場であれば、34泊で¥50,000もあれば行けるかなと。

 

エアトリのような旅行サイトをバーっと眺めてみると、行きたい国が見つかるかもしれませんね。

7. 趣味を見つける

絵の具パレット

大学1年生の頃はサッカー観戦くらいしか趣味がなかったのですが、趣味が少ないと暇な時間がなかなか潰せません。

趣味がひとつでも増えれば、ちょっと空いた時間にひとりで楽しめますし、趣味がきっかけで人脈が広がったりするものです。

 

とは言え「趣味の見つけ方がわからない・・・」なんて声が聞こえてきそうです。

 

趣味の見つけ方としては「趣味の見つけ方と個人的におすすめな趣味7つ【ひとりでも楽しめる】」という記事でも書いたのですが、なんとなく興味があるものにまずは飛び込んでみればOKです。

そして「なんかしっくりこないな」と感じたらやめて、次に挑戦するだけ。至ってシンプルですね。

 

夏休み、時間はたっぷりあるので初めてのことに挑戦してみて、趣味を1つでも見つけてみてはいかがでしょうか。

8. 帰省する

帰省するための電車に乗ろうとする男性の背中

わざわざ書かなくても帰省する予定があるかもしれませんが、念のため。

 

人は環境に染まるものです。今の考え方は大学の友達や、バイト先の考え方でしかないかもしれません。

原点回帰じゃないですけど、高校生まで育ってきた故郷で価値観リセットしてみましょう。

 

  • 「ちょっと急ぎすぎていないかな」
  • 「高校の頃に大事にしていたものってなんだっけ」

 

たまにはこんな風に振り返ってみるのと何か気づきがあるかも。夏休みは長めの帰省をするにはちょうどいい機会ですよね。

スポンサードサーチ

まとめ:夏休みの暇から脱却するためには、行動あるのみ

「やってみるか」と行動を決意した男性

長期的に取り組めることを挙げてみました。しかし、けっこう体力を使うのも事実です。

 

新しいバイトを探して面接を受けるのも、pairs(ペアーズ)でメッセージして出会ってみるのも、ぶっちゃけ「メンドくさすぎ」ですよね。

 

そのうえ悲しいことに、ちょっとした痛みも待ち受けてるかもしれません。

今やっているバイト先の店長に「やめます」を言わなきゃいけないし、ペアーズでは写真と別人のような人が現れるかもしれません(苦笑い)。

 

とは言え、行動しない限りは「明日も暇だなぁ」な夏休みが待ってるだけです。

時間がもったいないし、夏休みが終わった頃に「もっとやるべきことあったような・・・」と後悔するのはイヤですよね。

 

せっかくの長い夏休み、提案した8つのうち何か一つでもやってみようかなと思っていただければうれしいです。

もっと言えば、今すぐ行動に移さないとやる気はしぼんでいってしまいます。

 

いつやるか、今でしょ!

 

そんなわけで、楽しい夏休みをお過ごしください!