一人飲みが初めての人に伝えたい「一人飲みは最高だ!」【3つのコツも紹介】

一人飲みが初めての人に伝えたい「一人飲みは最高だ!」【3つのコツも紹介】




こんにちは。密かなマイブームが「一人飲み」の、のぼです。

 

のぼ
まだ1020回ほどしか一人飲みしたことないのですが、これがなかなか楽しくて「もうちょい早めにハマっていたかった、、」と思うほどです。

 

とは言っても、初めて一人飲みに挑戦したときはなんとも言えぬ抵抗感がありました。

 

そこで、同じように初めて「一人飲みしてみようかな」と考えている方の背中を押せるような記事を書こうと思った次第です。

 

まだまだ一人飲み初心者ですが、ちょっとでも参考になればうれしいです。

なお、女性よりも男性の方が参考にしやすいかもしれません。ご愛嬌ください。

スポンサードサーチ

初めて一人飲みするときのコツ3

初めて一人飲みするときのコツ3つ

コツというほど大したことじゃないですが、初めて一人飲みする人に参考になりそうなことを3つほど紹介します。

 

一人飲みのコツ3つ

  1. 初めて一人飲みするなら、一度行ったことある店へ
  2. 予算は¥2,000もあればOK!損切りも上手になろう
  3. 出会いに期待するべからず?

 

一つずつ見ていきましょう。

1. 初めて一人飲みするなら、一度行ったことある店へ

初めての一人飲みはちょっとハードルが高いですよね。1年以上前のことなのに、一人で居酒屋入るときのソワソワ感は今でも覚えています・・・。

 

そこで、おすすめなのが一度(誰かと)行ったことあるお店に行くことです。もう最初はこれに尽きます。

 

と言うのも、誰かと行ったことがある居酒屋なら雰囲気が分かるからです。

 

「あの居酒屋なら一人でも落ち着いて飲めそう」こんなイメージを持つお店が2,3ほど頭に思い浮かぶはずです。まずはそのお店からトライしてみてはいかがでしょうか。

 

まずは一人飲みそのものに慣れて、数件こなしましょう。すると初めてのお店でも抵抗なく入れるようになるはずですよ。

2. 予算は¥2,000もあればOK!損切りも上手になろう

一人飲みでしたら1,2杯のお酒と、おつまみを2,3ほど頼んでも¥2,000いかないと思います。大衆居酒屋ならせんべろ(1,000円でベロベロ)できるところもありますよね。

 

友人と一緒に飲むとつい長居しちゃいますし、無難なメニューをチョイスすると思いますが、読まなきゃいけない空気はそこにはありません。

 

食べたい料理を遠慮なく頼む。一人飲みの贅沢さを感じられるはずですよ。

「イマイチ」を感じたら即会計できる

なお、一人飲みのメリットとして即会計できることも挙げられるかなと思います。

 

例えば「隣のお客さんのタバコが気になる」「料理がイマイチだ」こんなふうに思ったら即会計してしまいましょう。※一杯くらいだったら、おそらく¥1,000ほどしかかからないはず。

 

これも誰かと来てたら「イマイチだからお店かえよう」なんてちょっと言い出しづらいですよね。これは一人飲みならではの身軽さではないでしょうか。

3. 出会いに期待するべからず?

今まで1020回ほど居酒屋やバーで一人飲みしてきましたが出会いはほぼありませんでした・・・。

 

もちろん、こればかりは運とか、自分次第だとは思います。話しかけられやすいオーラがあるか、隣に来た人がたまたま話好きな人だった運の良さ、などなど。

 

のぼ
たしかにキレイな女性が隣にいて、話が弾んで・・・という淡い期待はなきにしもあらずです。いや、本当はこれからに大いに期待してます。

 

でも、出会いを一番の目当てに行くのはちょっとズレてる感じがしちゃいます。「一人飲み」というくらいなので、一人でお酒を飲んでいる時間を楽しみに行くのがいいかなと。

 

今後はいい出会いがあるでしょうか。ゆるく期待しておきます。

初めての方もやれば分かる、「一人飲みは最高だ!」

初めての方もやれば分かる、「一人飲みは最高だ!」

初めての一人飲みはちょっと気が引けちゃいますが、一人飲みが抵抗なくできれば楽しいはずです。

 

「仕事疲れすぎた・・・。なんとなく家に帰る前に自分を甘やかしたい」なんてときに家の近くの居酒屋でサクッと1杯飲むだけで気が晴れるものですよ。

 

もしも「一人飲みはなんか違う、、」と思っても失うものは¥1,000くらいです。大事なのは「やらない後悔」よりも「やる後悔」ってやつですね。

 

この記事で「一人飲みしてみようかな」と思う方が一人でもいればうれしいです。

 

それでは、また次の記事で。

インスタやってます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京プレイブックさん(@tokyoplaybook)がシェアした投稿

最後にド宣伝すみませんm(_ _)m

こんなかんじで心からおすすめできる東京おでかけスポットを発信してます(@tokyoplaybook)。フォローしていただくとハッピーな気分になります(僕が)。