【月額無料】カレコカーシェアのおかげで気まぐれドライブが捗る件

【月額無料のカーシェア】カレコが気まぐれドライブにおすすめな理由




のぼ
月額無料、カレコカーシェアのおすすめポイントをまとめました!

 

東京に住んでいると、どこ行くにも電車が基本になりますよね。

とはいえ「なんだかドライブ行きたい」なんて気分になることも年に数回あるのではないでしょうか。

 

かく言う僕も例に漏れず、たまにドライブに行きます。

 

そんなときに愛用しているのがカレコカーシェア。月額無料で、使いたいときに使うだけ。気まぐれドライブにもってこいなんです。

 

そこでこの記事では、カレコカーシェアのおすすめポイントをまとめています。

 

カーシェアって聞いたことあるけど、使い勝手はどうなの?
カーシェアに登録するなら月額無料が絶対にいい!

 

こんな方に読んでいただければと思います。

スポンサードサーチ

【月額無料】カレコカーシェアをおすすめする3つの理由

カレコカーシェアをおすすめする3つの理由

いろんなカーシェアサービスがありますが、僕がカレコを愛用しているのは以下の3つの理由からです。

カレコカーシェアをおすすめする3つの理由

  1. 月額無料
  2. 車内がキレイ
  3. 使い方がかなりラク

のぼ
めちゃくちゃ個人的な意見ですがどれも事実です。一つずつ見ていきましょう。

おすすめ理由1:月額無料

おすすめポイント1:月額無料

「おすすめする理由の80%くらいは月額無料に尽きる」と言っても過言ではありません。かなり大きなポイントです。

 

カーシェアの月額無料って当たり前なのでは・・・

 

と思うかもですが、有名なタイムズカーシェアに無料プランはありません(学生・法人は除きますが)。基本的に「カーシェアサービス=月額がかかる」と考えてOKです。

 

一方でカレコカーシェアにはいくつかプランがあるのですが、月会費無料プランなるものがあります。

 

カレコカーシェアの会員プランと月額

  • ベーシックプラン:月額¥980
  • 平日プラン:月額¥980
  • 月会費無料プラン:月額¥0

カレコカーシェアの月額のかかるプランと月会費無料プランの違いって?

月会費のかかるプランの方がカーシェアを利用したときの料金がちょっとお得になります。

 

例:6時間パックの料金(カレコ)

  • 月会費のかかるプラン:3,800円
  • 月会費無料プラン:4,600円

 

そのうえ、月会費である980円がそのまま使った分の料金から割り引かれます。

 

のぼ
つまりは、月会費のかかるプランでもその月に使えば月額無料とも言えますね。

 

ただし!「その月に使えば」ってのがポイントです。

 

980円の割引額は翌月への繰り越しができません。つまり、その月に1度も使わなければ月額980円だけがかかってしまうということです。

 

気まぐれドライブしたいのに「今月まだ1回も使ってないから使わなきゃ・・・」では本末転倒ですよね。1以上使わなければ月会費無料プランをおすすめしますよ。

学生さんは月会費4年間無料!?

なお、学生さんには朗報。学生さんなら月額980円のプランが4年間も月額無料で使えます。

 

補足ですが、例えば現在大学3年生で12年後に卒業しても4年間の無料期間はなくなりません。つまり、社会人になっても学生プランは継続されます。

 

のぼ
カレコカーシェアを使うのであれば学生のうちに入会しておくが吉ですね。

 

公式サイト:カレコ・カーシェアリングクラブ

おすすめ理由2:車内がキレイ

おすすめポイント2:車内がキレイ

カレコカーシェアの車は車内がキレイです。

 

・・・すみません、とは言え45回ほどしか使ったことがないので言い切ることはできません。しかし今まで使ってきた車はどれもキレイで、中には「新車のニオイ」がする車までありました。

 

ここだけの話・・・

比較対象はタイムズカーシェアで使っていた車です。僕が学生の頃はタイムズカーシェアを使っていたのですが、中には年季が入っており独特なニオイが染み付いている車もありました。

 

のぼ
デートで使うときなんかはクサくないように、と祈って予約してました・・・笑

カレコカーシェアは会員数が少ないのがキレイな理由かも?

そこで、カレコカーシェアの車内がどうしてキレイなのか考えてみたんですが、会員数が多くないことにあるのではないかなと思います。※あくまで考察ですが。

 

カーシェアの会員数の記事(外部サイト)によると

会員数(2018年時点)

  • タイムズカーシェア:約110万人
  • カレコカーシェア:約8万人

 

上記のように、タイムズカーシェアとカレコカーシェアの会員数には10倍以上の差があります。

 

また、タイムズカーシェアの抱える車両数は20,696台に対してカレコカーシェアは2,793台です(20183月時点、カーシェアリング比較360°による数値)。

 

よって、車1台あたりの会員数は以下の通りです。

会員数/1台あたり

  • タイムズカーシェア:約53人/1
  • カレコカーシェア:約28人/1

 

ざっくりな計算にはなりますが、カレコカーシェアの1台あたり会員数はタイムズの約半分。

 

考察をまとめると・・・

カレコカーシェアは車1台あたりの会員数が少ないので、使い込まれていない車が多い。そのため車内がキレイ。

 

っていうのがカレコカーシェアの車内がキレイな理由なのではないかなと思ってます。

 

のぼ
車内がキレイなのはドライバーとしてはうれしいポイント。気持ちよくドライブできますよね。

おすすめ理由3:使い方がかなり簡単

そして3点目ですが、カレコカーシェアは使い方がラクです。※くわしい使い方については上記のカレコ公式YouTube動画を参考にしていただければイメージしやすいかなと。

 

とは言え、初めて使う方にとってはちょっと面倒に感じてしまうかもしれません。それでも一回使えば、次からは慣れたものだと思いますよ。

スマホで解錠・施錠できる

そして個人的にありがたいと思っているのが、スマホで解錠・施錠ができる点です。

 

カレコのステーション(車の置いてある駐車場)に着いたらスマホ画面から「解錠」ボタンを押します。すると車が「ガチャ」と鳴り、車に乗れます。

 

ドライブが終わって返却するときもスマホから「施錠」をすれば鍵がかかり、返却完了。かなりラクです。

 

のぼ
スマホさえあればOKっていう手軽さは個人的にはすごく魅力に感じています!

カレコカーシェアのデメリット:東京以外では使いづらいこと

デメリットは東京以外で使いづらいこと

ここまで、カレコカーシェアを愛用している理由についてご説明してきました。しかしデメリットも気になりますよね。

 

個人的にカレコカーシェアのデメリットはほとんど感じていません。強いて挙げるのであれば東京以外では使いづらいことかなと思います。

ステーションは東京に集中している

ステーションは東京に集中している

※スクショです。ちょっと見づらいかもです。

こちらの画像はカレコカーシェアのステーション(=カレコカーシェアの車が置いてある駐車場)がある場所を示した地図です。面白いくらいに東京に集中していますね。

 

ステーション数(20199月現在)

  • 東京:1693
  • 神奈川:246
  • 千葉:59
  • 埼玉:45
  • 静岡:1
  • 愛知:3
  • 大阪:143
  • 京都:20
  • 兵庫:49
  • 岡山:1
  • 沖縄:4

 

上記を見ていただければ一目瞭然ですが、ステーションは東京にダントツで多いです。

 

東京で使う分には「カレコカーシェアはどこにでもあって便利だな~」という印象ですが他県では「ステーション、遠いし予約取りづらい・・・」ということになりかねないですね。

旅先では使えなさそう

そのため、旅先でサクッと借りるみたいな使い方は難しそうですね。

 

例えば軽井沢に新幹線で行って、現地をカレコカーシェアでぐるぐる回るみたいな使い方はできません。もちろん、旅先にもよると思いますが。

スポンサードサーチ

カレコカーシェアがあると気まぐれドライブが楽しめる

カレコカーシェアがあると気まぐれドライブが楽しめる

そんなわけで、東京以外にお住いの方はステーションがどこにあるのか確認した方がベターです。

 

しかし、裏を返せばカレコカーシェアを使えるのは東京に住んでいる方の特権とも言えるのではないでしょうか。

 

カレコカーシェアをおすすめする3つの理由

  1. 月額無料
  2. 車内がキレイ
  3. 使い方がかなりラク

 

恋人を家まで送り届けたり、音楽をかけて夜中に友だちと東京をドライブしてみたり、こういった体験はカーシェアがなかったらできませんでした。

 

のぼ
気まぐれに「じゃあカレコカーシェアでどっか行く?」って提案できるのって我ながらスマートだなぁと感じます笑

 

気まぐれドライブにうってつけなカレコカーシェア。例え1回も使わなかったとしても入会費も月額も無料なので失うものはありませんね。

 

※くわしい利用料金などは公式サイトをチェックしてみてください。

 

公式サイト:カレコ・カーシェアリングクラブ

 

それでは、また次の記事で。