東京で3ヶ月に1回カーシェア使うならカレコの月会費無料プランが神

都内を走る車




こんにちは!カーシェアリング歴5年目になる、のぼ(@mackiinn)です。

 

東京でカーシェア使うならどこがいいんだろう。カーシェアは23ヶ月に1回くらい使えればいいんだよね。

 

結論から言えば、こんな人にはカレコの月会費無料プランをオススメします。

 

カレコはこんな人にオススメ

  1. 月額は無料がいい
  2. 2・3ヶ月に1回カーシェアを使いたい
  3. 東京に住んでいる

 

まさに僕はこの3つに当てはまりして、今年、20184月にカレコが「月会費無料プラン」を打ち出したときソッコー登録しました。

 

この記事では、カレコのメリット・デメリットについてお話していきますね。

スポンサードサーチ

20184月から始まったカレコの「月会費無料プラン」

カレコの「月会費無料プラン」はそれまでのカーシェアリング料金プランの常識を壊した、革命的な料金プランだと思っています。

 

と言うのは、カーシェアをあまり使わない、頻度で言うと3ヶ月に1回使うかどうか、って人にはうれしい料金プランなんです。

 

・・・と突然言われても、ピンときませんよね。サラっと解説していきますね。

カレコなら社会人でも月額無料

カーシェアリング業界の料金プランって「学生は月額無料だけど、学生でなければ月額¥1,000かかります」ってのが常でした。

 

そんで、カーシェアを利用した料金のうち、月額¥1,000が割り引かれるから「毎月¥1,000以上使えば月額料は無料みたいなもんですよ~」って料金プラン。

カーシェアを使ったことがある方には心当たりがあるのでは。

 

けれど、その割引額¥1,000って翌月への繰越しはできません。

 

つまり、月に1回もカーシェアを使わなければ月額¥1,000だけ支払っていることになります。

 

う~ん、なんかモヤモヤしません?

 

僕が学生の頃はカーシェアリングを毎月のように使ってた(気がする)けど、社会人になってからは3ヶ月に1回使うかどうか・・・

 

のぼ
なんだか月額¥1,000を無駄にしている気分・・・

 

こうは思いつつも、どこのカーシェアもこんな料金体系ならしょうがないかな~と(しぶしぶ)月額を払って会員を続けていたわけです。

 

そんな中で20184月に打ち出されたのがカレコの「月会費無料プラン」!!

 

もう言いたいことは伝わっているかと思いますが、つまりそう言うことなんですよ。

 

カレコなら月額を払わなくてもカーシェアの会員になれる。これって今までのカーシェア業界になかった革命的な料金プランなんです。

有料プランとの違いとは?

もちろん、カレコの月額980円「ベーシックプラン」との違いはありますがそれはただ1つ、カーシェアを利用するときの料金が高くなるってことです。

 

例えば、12時間パックを使ったときにはこんなかんじの内訳になりまして

 

12時間パックで、100km走行した場合

  • ベーシックプラン:¥6,900
  • 月会費無料プラン:¥8,200

※ベーシックプラン=月額980円

6時間を超える予約の場合、「距離料金」がかかってくるのでひとまず100km使ったと仮定しました。

 

12時間、100km走行で使った場合、ベーシックプランと月額無料プランとの差は¥1,300です。

 

どうでしょう、この差は許容範囲ではないでしょうか。少なくとも月額料金を2ヶ月分(¥1,960)支払うよりはオトクに使えていますよね。

 

カレコはこんな人にオススメ

  1. 月額は無料がいい
  2. 2・3ヶ月に1回カーシェアを使いたい
  3. 東京に住んでいる

 

はじめにお伝えした「こんな人にオススメ」の中で【②2・3ヶ月に1回カーシェアを使いたい】人と書いたのはこのためです。

 

2・3ヶ月に1回のペースなら、月額¥980のベーシックプランよりもオトクに使える。

 

そのうえ、月額を支払っていないのも気持ち的にラクになりますよね。

 

「今月はまだ1回もカーシェア使っていないから、せっかくだし使わなきゃ・・・」なんて思うのはちょっとシンドイはず。

スポンサードサーチ

カレコカーシェアは東京にステーションがたくさんある

カレコはこんな人にオススメ

  1. 月額は無料がいい
  2. 2・3ヶ月に1回カーシェアを使いたい
  3. 東京に住んでいる

 

この中で、【③東京に住んでいる】人にオススメする理由はカレコのステーションが東京に密集しているからなんです(ステーション=借りれる駐車場のこと)

 

ちなみに2018年6月現在のカレコのステーション数は一覧にするとこんなかんじ。

 

カレコのステーション数

  • 東京…1236件
  • 神奈川…176件
  • 埼玉…37件
  • 千葉…51件
  • 静岡…1件
  • 愛知…3件
  • 大阪…153件
  • 京都…17件
  • 兵庫…30件
  • 岡山…1件
  • 沖縄…1件

※データは2018年6月のものです。

 

こう見ると一目瞭然かと思いますが、圧倒的に東京にステーションが集中していますよね。

 

神奈川(176件)や大阪(153件)に住んでいる方でも不満なく使えると思いますが、東京での予約のしやすさはバツグンですね。

 

東京に住んでいる方には使いやすいのがカレコの特徴の一つです。

さらに言ってしまえば、東京以外に住んでいるのなら、ステーション数の多いタイムズカーシェアの方が使いやすいかと。

カレコカーシェアは最短で申込みした当日のうちに使える

個人的にカレコのいいと思うポイントなんですが、カレコカーシェアは(最短で)インターネットから申し込んだ当日に使えるんです。

 

ただ、当日のうちに使えるようにするには【15時より前】に申し込む必要があるのですが、入会の申し込みは10分もあれば余裕でできます。

 

・・・と、ここで勘が鋭い方は気づくかもしれません。

 

車のカギってどうやって開けるんだ・・・??

 

「ネット上で登録して、その日のうちにカーシェアの予約をとったとしても車を開けるときはどうすればいいんだろう。」僕もこう思いました。

 

でも、大丈夫。

車の開け閉めはスマートフォン上、もしくは(Suica)などのFelica対応のICカードでできるんです。

 

開け方その①:スマートフォン上で

smartphone

カレコの予約画面に入ると「利用開始する」ってボタンがあるのでそれをポチっ。すると5秒くらいで車が開きます。驚くほど簡単です。

 

開け方その②:Felica対応のICカードで

(Suicaなどの)ICカードを「乗車カード」として登録できます。車内にあるリーダーにカードをかざすと開きます。こちらも簡単。

 

どちらにせよ、カードの発行をしなくても使えるので、会員になったその日のうちに予約することができるわけです。

スポンサードサーチ

まとめ:カレコにはひとまず登録しておくのがベターかなと

 

では、この記事の内容をまとめますね。

 

カレコはこんな人にオススメ

  1. 月額は無料がいい
  2. 2・3ヶ月に1回カーシェアを使いたい
  3. 東京に住んでいる

 

【①月額は無料がいい】
革命的な料金プラン、「月会費無料プラン」が2018年4月に爆誕!

 

【②2・3ヶ月に1回カーシェアを使いたい】
2・3ヶ月に1度のペースなら、月額980円プランよりもおトクにカーシェアが使える。

 

【③東京に住んでいる】
東京にカレコのステーションが密集している(1236件)。東京での使いやすさがバツグン。

 

これに付け加えて、入会したその日のうちにカーシェアを使えるというのもカレコの魅力の一つです(ただし15時までに申し込む必要アリ)。

 

まとめると、こんなところでしょうか。

 

何度もお伝えしている通り、カレコの月額は無料です。そのため、時間があるときにカレコに登録を済ませちゃうのが吉かなと。

 

カレコをもうちょっと詳しく見てみる

 

では!